マインドアップ

選択した時点では正解、不正解は決まっていない【どちらを選んでもOK】

こんにちは!タマキ(@tamaki_zz)です。
今日のテーマは、選択で正解・不正解が決まるわけではありませんというお話です

※音声で聴きたい方はこちら


自分にあったインプット法を選択するだけで効果は10倍も違うと言われています。
活字が苦手な方は音声で聞いてみてください^ ^

先日、これをTwitterでつぶやいたところ反応率が良くて、ラジオでも収録していきたいなと思いました。世の中は今どこを見ても白黒はっきりさせる、正解・不正解がある、半か丁を明確する人が多いなと思います。

例えば、SMS上やニュースサイトでもあると思いますがこういう選択をしましたって言った瞬間に良いや悪いかを決めていきます。

それはその選択は正しいよとか、その選択は間違っているとか、その選択は成功に繋がるとか、その選択は失敗に繋がるよと選択した時点でほとんどの人が未来を決めてるわけですね。

でもよく考えてくださいね。選択した時点では正解・不正解は決まってないですよね。わからないのが正解ですよね。ということは、いつ決まるのかというと選択した後の行動によって未来が決まります。

ということは、どちらを選択したとしても思い通りの未来に導くことをやればいいということですね。

目の前にどんどん選択を迫られる事は多々やってくると思うので、その時に迷いますよね。どうしようこの選択を取ってうまくいくだろうか、こっちの方がいいんじゃないだろうか。こっちが間違っているんじゃないかと悩みますよね。

私もありましたよ。起業するときに半年間の悩みました。大丈夫かな、どうかな上手くいくかな、でも上手くいったらこうだしなぁ、失敗したらどうしよう、借金をして大変なことになったどうしようと色々考えていたわけなんです。

このように迷う時間が長かったら、迷えば迷うほど恐怖心が生まれて冷静な選択力を奪われてしまわないようにすることもすごく大事だなって思います。

恐怖心に心を奪われないためにはどうすればいいのかというと選択を早くする。これが1番ですね。直感でもいいと思います。どうせ選択したところでは正解・不正解は決まっていないので自分が良いと思った素直に良いと思った方を選んでいけばいいと思います。

これは考え方が重要だと思います。ほとんどの場合は、選択した時点で正解・不正解が決まっていると思っているからですよね。

そうではなくて、その後の行動が大事です。もし失敗したとしてもいくらでも挽回でき、ゴールまでいく力、実践力があれば実現力と行動力があれば何ら問題はないです。

どんな道を歩もうとも結果、帳尻が合えば問題ないですよね。経営者の方はよく理解されている方が多いなと思います。

難題はどんどん来ますから選択しなければならないことはたびたび起こります。そこで悩んでいたら次の一手が打てないです。悩めば悩むほど土壇場がやってきて窮地に追い込まれるので、選択を早くしなければならない。

それが例え、間違っていたとか良い結果に繋がらなくなったとしても最終的な結果に繋がれば問題ないっていうことなんですよね。そこまで見通して選択できるかというとこかなと思いますね。私の話ですけど、私は選ぶ時に、迷ったら苦しいを選んでいます。

苦しい方ですね。楽しい方とかいますけど、苦しい方を選んでいますね。楽しい方は自分の範囲内と思います。

苦しい方や新しい方を選ぶことをしますね。そうすると自分のコンフォートゾーン外にあることに挑戦することで成長につながると思っています。迷ったら苦しいということにしています。

選択は、その場では正解・不正解はないです。本当になくて、その後のこと目的のために達成できることを行動すればいいですね。

そこまでのやれることをやることで未来は変わってきます。どちらでも大丈夫ですね。選んだあとの行動で未来は変わっていくから自分の思った通りの選択をしたらいいと思います。

今日は、選択で正解・不正解か決まるわけではないですよとお話をしました。

じゃあね〜ばいばい、終わり〜!

▼世界一自分らしくいられるコミュニティ!大人の学べる学校♡
タマキの絶対肯定オンラインサロンはコチラ↓
http://liberalian.com/salon/

▼公式LINE\登録直後にプレゼント🎁/
https://line.me/R/ti/p/@pmq2241k

-マインドアップ
-,

Copyright© tamalog , 2021 All Rights Reserved.