タマキのプロフィール

タマキのプロフィール

こんにちは。タマキ(@tamaki_zz)です。

福岡県出身の40歳。
33歳の時に事業を始めた頃からフリーランスで活動してます。

コミュニティマーケッターです。
他に投資や3人の子供の子育てをしながらマレーシアで自由気ままに生活しているリベラリアンです。

このプロフィールでは

  • どんな道を辿って
  • 何をして
  • どんな思想を持っていて
  • どれだけ稼いでいるか

について細かく書いていています。

このブログのタイトルでもあるリベラリアンってなに?

リベラル=自由という意味

リベラリアンはわたしが勝手に作った造語で「自由に生きるひと」という意味です。
へへへ。自由が好きすぎて作っちゃいましたー。

それほど、何よりも「自由」というものを大切にしています。
世の中を見ているといつも何かに縛られているような人が多い気がしてなりません。
そしてわたし自身もずっと縛られていました。

だからこそ、リベラリアンになりたい人たちを増やしたい!
という思いから発信をしています。

現在はtamalogに変えました!

このブログで伝えていること

能動的自由を手に入れるためのノウハウや考え方を書いています。

人は誰もが平凡な人生を求めてはいません。
そして方法さえ知っていれば、能動的自由を手にする可能性を秘めています。

それには必要な4つのことがあります。

能動的自由を手に入れるための必要なコト

  • 「時間」
  • 「お金」
  • 「人間関係」
  • 「健康」

この4つを向上させていくことです。
そんなリバティ型の自由を手に入れるための方法をブログに綴っています。

より濃い内容は公式LINEで
今の時代に必要な「考え方」「稼ぎ方」「生き方」をLINEコラムを配信しています。
ぜひ!お友達になってくださいね。
友だち追加

挑戦・失敗・成功の履歴書

  • 高校生から夜遊び三昧
  • 大学卒業後、コピー機屋さんに就職
  • 結婚し専業主婦となる
  • 離婚後、33歳シングルマザーで美容サロンを開業→失敗
  • ひきこもりネットで小売業を開始、順調だが辞める
  • コーチング業開始、順調だが辞める
  • 2回目の結婚
  • アフィリエイト業開始→年間2億円の売り上げ達成
  • リバティコンサルタント開始
  • 年収は5000万円に
  • マレーシアへ移住
  • 投資に専念
  • 「自由に生きる人を増やしたい」という思いで発信を継続中!

上記、時系列です。事業家6年生。
6年ってあっという間ですね〜。
とにかく前半3年間は本当に辛く苦しかったです!

ちょっと長くなりますが、わたしの人生を少し覗いてみてもらえると嬉しいです。
「自由に生きたい人」「ビジネスで収益をあげたい人」「海外移住したい人」は参考になると思います。

乱れた学生時代〜1度目の結婚まで見栄だけで生きた道

私が育ったのは福岡で、サラリーマン家庭に育ちました。

大手企業に勤める父に専業主婦の母。
躾に厳しく、大げさにいうとNHKしか見ないような家で
友達からは母親のことを「教育ママ」と言われるほど。
それが恥ずかしくて溜まりませんでした。

そのせいか高校生にもなると締め付けがひどかったぶん反発も大きくなり順調に
夜遊びする子になりました。

誰にも縛られずに生きたい。
息苦しさはどの世界にいても変わらなかった。
生活の乱れは激しくなるばかりで満たされぬ何かをずっと追い求めてました。

そこで私は男の人を利用することで自分を満たすことを選択したんです。
大学に行きながら夜のお仕事をし
どっぷりハマり大学へはほとんど行かずに留年です。

一般的に言うまともな生活とはかけ離れていたかもしれません。
刑事さんから「まともな世界に戻りなさい」と言われたこともありました。

でもなかなか抜け出せず、一生の人に巡り会えさえすれば
この果てしなき渇きは癒せるに違いない。
そう信じ、可能性を捨てたくなくて彷徨い続けました。

今思えば、すでに私の「潜在意識」は「キラキラ」(生き甲斐)を求めていたんですね。
だけど「キラキラ」は彷徨い続けても見つかることはなく親のコネで企業に入社することになります。

この時、「人生を変えてやる」と思いました。
暗い世界の中から表に出れたチャンス。
普通のOLさんになれば、仕事も恋も出来て楽しい人生になるに違いない!

そう信じていたんです。ですが現実は、甘くはありませんでした。
毎日満員電車に揺られて「女子は30歳までに結婚説」が常識化されていて
会社の噂話ばかりに耳を傾け、人の目ばかりを気にして

上辺の話に合わせて、飲みに行ってはグチの嵐
そこには未来の話は一切出ない。
毎日、同じ人と会って新しい風もなく
退職するまでこの会社で過ごしていく。

仕事は楽しく先輩・後輩・上司・同期にも恵まれて
何も言うことはないはず。

なのに・・・
考えれば考えるほど、またあの息苦しさに締め付けられました。

「このままでいいのだろうか・・・?定年までこのまま働くの?」

考えるのも嫌で、若い頃と変わらずひたすら
お酒を飲んで一瞬一瞬を誤魔化す生活を続けました。

そして会社員4年目を迎えた頃。付き合っている彼の大阪への転勤話。
彼のことは大好きで、信頼しており、私の弱い部分もサポートしてくれる人。

結婚も視野に入れていたので転勤をきっかけに結婚。
またも私はチャンスと思いました。新天地に行けば新しい何かが見つかるはず!

考えるとワクワクしました。彼との新しい生活。

何より会社員というルーティンワークから抜け出せるのは嬉しいことでした。
ハッピーだけをイメージして幸せを手に入れられたと信じて疑わなかったのです。

でも・・・まさか、結婚後すぐにもっとしんどい人生になるなんて
この時は思ってもいませんでした。

借金、流産、離婚までのタイト過ぎた道のり

結婚後、一番優先したのは子供を産むこと。30歳までに子供が欲しかったんです。
これも会社員時代の植え付けからくるものでした。

そこまで力を入れずに働いて赤ちゃんが出来て夫と3人で幸せな家庭を作る。
そんな生活をイメージしてました。

ところが、転居してすぐに当時の私とっては誰にも言えない苦しいことが起こったんです。

夫の600万円以上の借金が発覚・・・!

わかった時は途方にくれました。離婚も考えました。
でも、出来なかった。夫のことを愛していたし結婚してすぐ離婚、なんて
人の目ばかりを気にして生きている当時の私に選択できる余地もありません。

借金を返すことを決め自分の貯金から返済し、当然まだまだ全然足りないので
毎日こっそり泣きながら自分の人生を呪いアルバイトを始めました。

そして待望の第一子妊娠!

・・・流産・・・

「なんで私ばかりこんな目に?」
「どうしてこんな結婚をしてしまったんだろう」
「もうこんな人生嫌だ・・・」

そんなことばかり考えながら生きてました。友達も作らず、ただ借金を返すために働く毎日。
この時は未来を描くほどの余裕もなかった。

「キラキラ」を求めることもなくマイナスばかりを考えてました。

そして2回目の妊娠。妊娠8ヶ月の時に、実兄が亡くなります。
これをきっかけに長期で実家に帰ることが多くなりました。

2ヶ月大阪で過ごし、2ヶ月実家に帰る。2ヶ月置きの生活が始まりました。
夫との関係は良好だったのですが、まともな結婚生活とは言えない環境を作ってしまったのです。

ようやく借金を返し終え子供の幼稚園が始まりました。
1人の時間ができるようになると、また果てしない渇きを感じるようになってきました。

Facebookでリア充を綴っている、独身の友達が羨ましい
バリキャリの友達が羨ましい
子供がいない友達が海外旅行に自由に行けて羨ましい

夫も長女のことも愛してる。
でも私、個人になった時、何もなくてただ毎日、生きがいもなく生きているだけ。
ものすごい虚無感に襲われました。

そんな日々の中で 現在の夫 てっちゃんと出会いました。てっちゃんは
「夫婦がうまくいくことが一番大事なことだ」
「ちゃんと家庭を見てダンナさんとの人生考えな」
と、教えてくれたんです。

頭を殴られたような衝撃でした。
私がどれだけ好き勝手しても友達も誰も言ってくれなかった言葉でした。

「夢」とか「成功」とか「自由」とか。
当時は全く意味を捉えることはできなかったけど、そんな話もしてくれました。

これが初めて、逃げずに自分の人生と深く向き合うきっかけとなったんです。
いつの間にか夫との将来が見えなくなってしまってたことへの気付き。

20年後、30年後、私はこの人を愛していて幸せにいるのだろうか?
親が幸せじゃないのに子どもは幸せなのだろうか?

足りない何かを家庭以外で補うような人生を送り続けるのはいやだった。
今思えば、「妻」とか「家庭」の本当の意味を理解していなかったと思います。
 決断まで2ヶ月。私は離婚を選択し、その3ヶ月後に離婚が成立しこれまでよりも
さらに苦しいシングルマザーにして起業家の人生が始まったのです。

シングルマザー、起業、廃業、2人目出産、最強の苦しみ時代

離婚後はコールセンターに契約社員として勤めるようになりました。
月収は手取り13万円程度。家賃は6万円。

母子手当や児童手当は、娘の将来のために貯金。
このころの貧乏は苦にはなりませんでした。
娘と2人で生きていく、と心に決め「自立してやっていこう」
という思いでいっぱいだったからです。

でも、やはりモヤモヤはつきまとってきます。
毎日仕事に行って、閉鎖された空間で電話応対し同僚と有益でも何でもない会話をした家に帰る。

もう何度目になるだろう。果てしない渇きは離婚しても目の前にやってくる。
この時、私は気付き始めていました。

結婚では満たされない
ワークでも満たされない。
子育てでも満たされない。

一体なんだというの?私の幸せはどこにあるの?
この苦しい思いから解放されたい。

そんなころ、てっちゃんから「美容サロンやらない?」との話。
これが大きな転機となります。

もちろん最初は即答で「ムリ」でした。かなり葛藤しました。
今のままで人生終わらせるのか。何かチャレンジしてみるのか。

不安と恐怖だらけの状態で「やる」と決断。決断するまでに6ヶ月。
ここから私の起業人生がスタートしたのです。

そして・・・後々。
これまでの苦しみなんて全然甘かったと知ることになります。

当然ですが、経営の知識も営業の知識も一切ないところから
美容サロンのオーナーをすることになったので上手くいくはずもありません。

正直、この時期が一番辛かったです。何をやっても上手くいかない。
毎月の給料や経費の支払い。もうどうしたらいいかもわからず闇雲でした。
結局、赤字が続き、わずか1年で閉店となりました。

メンタルはどん底でした。お店を閉めると決めた時、ほっとしたほどです。
ビジネスとはマインドが必要だということを知りました。
生きてきた人生すべてを受け入れ
苦しみ、考え、学び、継続し続けないことには結果が出ない。

こんなにも重くのしかかってくるものと対峙するのは困難なことです。
この時の経験は今に大きく役立っています。一番はリスクを取ったということ。
私にとって実業をするというのは大きなリスクだったのです。

店舗を構え、スタッフを雇い、給料を払う。
今、やれって言われても正直やりたくないですが。
(今は趣味でバーやってます)

そのリスクを一番最初に取れた。
だから、ネットビジネスやSNSでの起業なんてリスクがないにも等しい。
サロン閉店後はてっちゃんとの子供・第二子の出産のため在宅で出来る
アフィリエイトとネットショッピングで生計を立てました。

てっちゃんは私と結婚を考えていたようですが子供が出来ても私は心に決められませんでした。
いつもどこかで「別れる」ことを頭によぎらせてしまう。

覚悟を持てなかったせいでケンカばかり。私は最悪、実家に帰ろうと
逃げることを前提に考えていたのです。

てっちゃんは、そんな私の考えを見抜いていました。
何度も何度も別れ話を繰り返し話し合い、気付きを与えてもらいました。
人が変わるのは簡単ではないと知りました。

同じ失敗を違う場面で何度も繰り返し、思ったことを現実化できず
33年間ワガママに人を利用して生きてきた自分を恨み、何度もリセットしたいと思いました。

積もりに積もった相殺すべきことがたくさんありすぎて悩み抜いた時期でもあります。
もうこの時期は「渇望」を感じることはありませんでした。

渇望を感じる余裕もないほど無我夢中で自分と向き合っていたんですね。
苦しんでいる時が、一番「成長」してる。
水面下では、もう「キラキラ」への道は始まっていたんです。

そして、ようやく「人のために何かをしたい」という欲望にかられ動き始めることになります。

最も大事なことは起業することではないことを知った

嫌になるほど自分と向き合ったことで
ようやく私の中に情熱が芽生えてきました。

私みたいに苦しんでいる人は
この世界にたくさんいるはず。

私自身が気付きをお渡しするきっかけにはなれないだろうか?

そう思いコーチングをスタートさせます。
今まで学んできたことを全部ぶつけました。

講座受講者がどんどん変わって行く姿を目の当たりにして
嬉しくてたまらなかった。

この世界を変える!くらいの使命感を持って
やることが出来たから。

でもまだ甘かったんですね。
この時、私はまだまだ駆け出しで世界から
自分を見ることが出来ていなかったんです。

投資の話やこの資本主義経済において人が変わることの厳しさを知り
もっと出来ることがあるはずだ!
と気付き自分が目指す方向へ歩き始めました。

お金が全てではないけれど
お金が無ければ豊かにはなれないのは事実。

貧乏は貧乏を救うことはできません。
実際、私はお金を理由に「出来ない」という台詞を
どれだけ吐いてきたかわかりません。

時間がないから
子供がいるから
旦那の給料が低いから
こんな時代だから
会社の待遇が悪いから

本当に?違いました。
根本の理由は収入が足りないだけ。これでした。

自分で稼ぐということが最も重要であり
最も人を成長させることができる。

本質を深く理解し
相手を思いやるビジネスを行うことで
本当の豊かさを手に入れることができる。

お金があれば今ある99%の問題は解決するんです。
だからこそ「稼ぐ」マインドとはとても難しいもの。

困難ばかりで金銭的にも思考も、貧乏から始まった私の人生ですが
強みを手に入れることが出来ました。

それは「投資脳」です。FXやトレンドだった仮想通貨、不動産投資、
情報の取り方も学ぶことが出来ました。
きっと女子ではなかなかマイノリティな部類ですね。

そして自らコミュニティを運営することにしたんです。
現在は3つのコミュニティを運営しており3000人くらいの規模です。
それからコミュニティーマーケッターとして活動を開始します。

日本から脱出!年収は5000万円を突破。

気が付けば年収は5000万円を突破していました。
ビジネスと投資で生計を立て、マレーシアへ移住することに。

今はあまり気を張らずに子育てしながら仕事を自由にしています。
最初は周辺地域にも積極的に遊びに行っていたのですが
もっぱら最近は引きこもりです。

何してるか、って言うとブログを書いています。
文章を書くのが好きなんです。
あ、上手い、下手は別として、ですよ!

今、とても「楽」な人生を送ることが出来ています。
パソコン1つあれば収入は得られる時代ですし
情報もいくらでも取れます。

移住したことで、目線はさらに広くなりました。
完全、固定観念が外れていきます。
こうでなくてはならない、がいかに自分の枠を小さく狭めているかを知れました。

世界レベルで考えたら、いつだって自分ルールなんかちっぽけなもんですね〜。
最近はもっと緩く!でも目的達成はガメつく!
みたいな精神です。

世界中どこにいても稼げる自分になりたい方へ

私の人生のテーマは「自由」と「進化」がキーワードです。

自由とは「欲しいものが手に入り、したいことを何でも出来る環境」
のことだと思っていました。でも、違ったんです。

自由を探求してわかったのは
「何にも依存せずに生きること」だと確信しました。

自由という言葉には二つの意味があります。

Freedom→自然発生的な自由(受動的)
Liberty→自分でデザインできる自由(能動的)

能動的に自由をデザインしていくことが
「自分だけの無限の能力を開花」させ
「進化」し続けることだと思っています。

私は自分自身がロールモデルとなり、
誰もが手に入れられる圧倒的な自由を、実体験を通して検証し、
ありのままのリアルなライフスタイルを発信しています。

ここまでお読みいただき、わかったかも知れませんが、私はいたって普通の人です。
何かの能力に秀でていたわけでもなく
創造性に長けているわけでもなく
本当にフツーの人です。

自由とは誰もが手に入れられるものです。
そしてあなたも世界中どこにいても稼げることは出来ます!

一度しかない人生を最高に楽しみ
ワクワクしながらリバティ型の自由をデザインしていく。
そんな人生を送りたいと思う方と、深いご縁がいただけると嬉しいです。

日常のつぶやきはTwitter(@tamaki_zz)で更新していますので、良かったらフォローしてくださいね!

好きなものや諸々の価値観

  • 毎朝アボカドジュースを飲んでます。
  • 血液型はB型。団体が苦手。
  • 3人の子供がいます。
  • 夫が大好きです。
  • 洋服が好きです。お気に入りの服だけで良い。
  • 全身黒コーデは絶対にしません。
  • 大好きな人たちと美味しい食事の時間を過ごす時が一番幸せを感じます。
  • 挑戦・努力している人を常に尊敬してます。
  • 料理は得意だけど、嫌い。
  • 部屋が散らかっているのはイヤ。
  • ネガティブな人とは付き合いません。
  • 読書好き。ジャンルは問わない。
  • 漫画も好き。最近は囚人リクにハマった。
  • お金大好きです。問題の99%は解決する。
  • お金はバンバン使う方です。経済が回る。
  • ブランド名にこだわるよりも質の良いものが好き。
  • 家族ラブ。愛を教えてもらった。
  • 頑張らないくていい、やるだけです。

以上です〜!
長くなっちゃいましたが、よろしくお願いします。

タマキが発信しているSNS

Twitter

1日3回以上は呟いてます!
パッと思い浮かんだことは、まずツイート。脳の整理場所!

>>@tamaki_zz

YouTube

マレーシアでの生活を垣間見れます。
自宅も公開していたり、子供達との絡みもあり。

>>マレーシアンライフ

LINE

総まとめをお送りしてます。
先行情報や表立って言えない話などお伝え中!

友だち追加

お問い合わせ

お仕事の依頼やセミナーについての問い合わせは下記フォームよりお願いいたします。

>>お問い合わせフォームはここをクリック

※本当に重要な案件のみ返信いたしております。ご了承ください。

2020/02/15

Copyright© tamalog , 2021 All Rights Reserved.