マインドアップ

本当に器の大きい人は許すのではなく忘れることができる

こんにちは!タマキ(@tamaki_zz)です。
今日のテーマは、先日Twitterでつぶやいたのが反応がよかったものをご紹介します。

※音声で聴きたい方はこちら

自分にあったインプット法を選択するだけで効果は10倍も違うと言われています。
活字が苦手な方は音声で聞いてみてください^ ^

本当に器が広い人は、何でも許すことができる人じゃなくて忘れることができる人というテーマでお話ししたいなと思います。

Twitterでつぶやいたらところ、引用リツイートがかなり多く反応も良かったですね。インプレッションが良く、そして皆さんのコメントがすごい学びがあったので、まとめてお話ししていきたいなと思いました。

昔、私は器の広い人とは許すことができる人だと思っていました。

例えば、嫌なことがあった時にいいよいいよと言ったり、自分に不利な時でも大丈夫だよって言ってくれる人、この人が優しいとか許すことができる心の大きな人だと思っていたんですね。

本当の心の器の広い人は忘れることができる人じゃないかなって思いました。例えば自分の嫌なことをされた、嫌だと解釈してしまうことが起こった時にされたことを忘れることもありますよね。

それもありますが、そうではなくて自分が相手のためにしたことも忘れられる人なのではないかなと思います。

多くの人はしてもらったことよりも、してあげたことをよく覚えているという調査結果があるそうですね。

自分がしてあげたことは、あの時してあげたのにというふう思い、自分が嫌なことが起きた時に見返りの心理が働くとことになります。

あの時してあげたのに挨拶もない、あの時してあげたのに、なんで自分の時はしてくれないんだと見返りを求めてしまいます。

これだ最初してくれた時はギバーに見えます。実際は、返してくれや自分が取りに来てくるというテイカーです。

つまり器は狭い人になり、狭い所か奪いにくるような人、与えるに見せかけて奪うことをする人になってしまいます。

器の広い人は、忘れることができる人ということなので日常的にギブ、日常的に相手のためにしてあげることが当たり前になっている人、こういった人は忘れることができますよね。

器の広い例として、引用リツイートでとてもいいなと思ったのでシェアしていきます。芸人さんが助けてもらった素人さんを探して行ったそうです。

その素人さんは、芸人さんのこと覚えていなくって、芸人さんは覚えられてなかったことに感動したそうですね。

なぜならば、その素人さんは日常的に良いことをしているから、いちいち覚えていないということだったんですね。

まさに本質だなと思いました。日常的に人に対して与えるという、良いことをしてあげるのが当たり前の人にとっては当たり前すぎて覚えていられないですよ。

当たり前で自分のとって当たり前だから覚えてられないんですよね。無意識的にやっているレベルですね。すごい真理だなと思いました。

本当に器が広い人は無意識レベルでいつも良いことをしているので忘れるのが当たり前だということです。これは真理だなと思いましたね。

してあげたのにって気持ちが残ってしまうとギブにはならないので、昨日ありがとうって言われても、何だっけくらいの感じになれる自分になっていきたいですね。

今日は、器が広い人というのは忘れることができる人ということについてお話ししました。見返りを求めずに忘れられる自分になってきたいものです。

じゃあね〜ばいばい、終わり〜!

▼人間力が圧倒的にアップする!大人のための学べる学校!
タマキの絶対肯定オンラインサロンはコチラ↓

▼公式LINE\登録直後にプレゼント🎁/

友だち追加

▼絶対皇帝LINEスタンプできました!

 

-マインドアップ
-,

Copyright© tamalog , 2021 All Rights Reserved.