マインドアップ

【モチベは意味がない】モチベーションに頼らず成果を出す3つの方法

こんにちは!タマキ(@tamaki_zz)です。

今日は、モチベーションに頼っても意味がない理由。 これについてお伝えしていこうと思います。モチベーション、よく聞きますよね。私もよく言われるし言ってきました。

誰々のYouTubeを見て、めちゃくちゃモチベーションが上がった。
絶対やれる!とかセミナーに行って上がるなど言ってきました。

が、モチベーションはすぐに消えてしまいます。

※音声で聴きたい方はこちら


自分にあったインプット法を選択するだけで効果は10倍も違うと言われています。
活字が苦手な方は音声で聞いてみてください^ ^

今日上がったモチベーションも明日には消える

実際にツイッターでつぶやいた内容にモチベーション上がりますと、いわれることも多いです。 ですが、そのモチベーションっていうのはあまり意味がなくて…

なぜならモチベーションは一過性でしかないと知ってるからですね。

たくさんのセミナーに足を運んで毎回モチベーションが上がってよっしゃーとなって、なのに次の日から何事もなかったように暮らして、そして時々思い出してはまたよっしゃー、やるぞ!となり、でもまた継続せずに気分だけ上がったみたいなね。

またセミナーや動画を見て「やらなきゃ」と思いつつも、何もなかったようにいつもの暮らしを過ごしてきて自分自信のモチベーションになんども裏切られてきました。

気づいてる方は気づいてると思います。今日上がったモチベーションも明日には下がります。本当に。これ99%間違いなくて上がるということは下がります。

しかもこの場合は一過性で得たモチベーションは下がっている時が当たり前です。 ということは、当たり前を上げることに注力しなければならないということなんですよね。

まずは、自分の当たり前をどこにチューニングしているかを知ることが必要になります。 それをチューニングした相手を上げていくことです。

私の考えとしては、モチベーションは周りから上げられるものではなく、むしろ自分で自分のご機嫌を取れる方法を見つけることではないかなと思っています。

下がった時にモチベーションを上げられる自分だけの方法を見つけていくこと。これが持続・継続できる方法です。1回1回に一喜一憂してしまうと疲れます。

上がったら下がる。やれなかった自分に俺はだめだ、私はもうだめと思ってしまう。自己肯定感がなくなってしまうのでモチベーションに頼るのは良くないです。

モチベーションに使われるのではなく私たちが自身が良いように利用していくという考え方がベストかなと思っております。

モチベーションに頼らない方法

最後に、モチベーションに頼らないでやる方法として、

1つ目に自分がご機嫌になるものを周りにつ身近に置いておくこと。いつ見ても大丈夫だよと思えるもの。起きた時にこれを見たら元気になるもの。映画やドラマでもいいと思うんですよ。好きな物を置いておくことですね。

2つ目が、当たり前を誰にチューニングするか決めることです。例えば、いきなりイチローさんに合わせるとなるとちょっとでハードルが上がりすぎますね。

そうなると逆に、継続力が難しくなるのでもうちょっと下げた人に合わせるといいです。自分が無理して頑張って手が届くくらいのなりたい人を設定することがベストかなと思います。

3つ目が、努力感なく継続してやれる自分を模索していくことです。すぐには見つからないので絶対的・自分軸を確立する1つのスキルとして努力感なくやれることは、なんだろうか、自分のやりたい事・本当に心からやりたいことを探していくことが必要かなと思います。

あと、メンタルの持ち方。根拠なき自信でオッケーです。エビデンスが何も話せなくてもいいんですよ。実績も何もないんだけれども絶対自分はなる。

その自分がなることを自分自身が信じていること、そして細くてもいいから長くやってみることを心においていただければと思います。

今回は、モチベーションに頼っても意味がない理由についてお伝えしました。

じゃあね〜ばいばい、終わり〜!

▼世界一自分らしくいられるコミュニティ!大人の学べる学校♡
タマキの絶対肯定オンラインサロンはコチラ↓
http://liberalian.com/salon/

▼公式LINE\登録直後にプレゼント🎁/
https://line.me/R/ti/p/@pmq2241k

-マインドアップ
-

Copyright© tamalog , 2021 All Rights Reserved.