マインドアップ

誰でも簡単にできる伝達力を上げる3つの方法

こんにちは!タマキ(@tamaki_zz)です。
今日のテーマは、伝達力を上げる3つの方法です。

※音声で聴きたい方はこちら


自分にあったインプット法を選択するだけで効果は10倍も違うと言われています。
活字が苦手な方は音声で聞いてみてください^ ^

伝達力めちゃくちゃ大事だと最近、思っています。TwitterやStand FMで言葉や文章で相手に何かを伝えたいと思って、伝わらなかったら意味ないなと思いますね。唯一人間のできることとして言語化です。

これに特化しているので、なぜ人間はこのパワーがあるのか、この力を持っているのか、と思ったんですね。ここちょっと掘り下げると話が長くなってしまうので早速、伝達力を上げる3つの方法でお伝えしていきたいと思います。

1つ目が読書で言語化能力をアップする
2つ目が相手の立場を理解すること
3つ目が自分の意思を実現する力

この3つが必要にです。ほとんどの場合、自分の言いたいことを言おうとすることが多いと思います。でも言いたいことって子供でもいるじゃないですか。これ食べたい、こうしたい、ああしたい、あれ欲しいなどです。

なぜ言語があるか、考えたこと言葉で相手に伝えられるかどうかと思いますね。そのためには相手への想いとか言葉をつむぐことで伝達力上げていく必要があるなと思いますね。

では1つ目の読書で言語化能力アップ。読書は完全に言語化能力をアップするためのものと思っています。もちろん知識も手に入ります。その中でいい言葉・自分が響く言葉の言葉集めをすることができますね。

表現力で最初から身についてるものではなく、そこで言葉をどんどん集めてその言葉を人に伝えることによって伝わり方がバリエーションが増えますね。

ぜひ読書でアウトプット、人に話すとか試して文章を作ってみることをおすすめします。私は知識よりも文章や単語を好きな言葉を集める、言葉集めに集中しました。理解力も高まります。ぜひ読書で言語化能力を測ってみてください。

2つ目が、相手の立場を理解するですね。これは当たり前の事ですけれども相手の立場を理解しないと自分の言語でしゃべってしまいます。小学生に難しい言葉で会話しないですよね。相手の立場を理解してした上で相手がわかる言語を使ってお話しすること。

小学4年生ぐらいに分かるように文章を書くと良いといわれています。できるだけ相手の立場を理解した上で言葉を使っていきましょう。

3つ目が、自分の意思を実現する力ですね。ここが正直1番難しいところです。なぜなら挑戦し行動しなければならないからです。人の深みを帯びる説得力があるのというのは、その人自身が挑戦して体験、失敗して自分の力として「ことだま」として宿っているからです。

挑戦したものが大きかったり、失敗したものが大きかったりすればするほど人の声は届きやすくなると思いませんか。それは経験してない人の話は薄っぺらく感じてしまいます。

ぜひ自分の意思を実現していく力をまず身に着ける、やっていくだけですね。つまり体験談をどんどん増やしていけばいいということですね。体験していこうということです。

私の話をしておくと、私の文章はすべて自分の考えや体験に基づいたことを書いています。気づく人は気づきます。経験に基づいて書いているので説得力がある、伝わりやすいというよくいわれます。

これは別にすごい経験をしたから伝わるとかっていう話でもないですよね。当たり前のことを当たり前に感じたことで自分なりに表現していく。これだけでも言語化はアップするので、ぜひトライしてもらえたらいいかなと思います。

今回は伝達力を上げる3つの方法についてでした。

じゃあね〜ばいばい、終わり〜!

▼世界一自分らしくいられるコミュニティ!大人の学べる学校♡
タマキの絶対肯定オンラインサロンはコチラ↓
http://liberalian.com/salon/

▼公式LINE\登録直後にプレゼント🎁/
https://line.me/R/ti/p/@pmq2241k

-マインドアップ
-,

Copyright© tamalog , 2021 All Rights Reserved.