マインドアップ

誰も傷つけたくないと思う理由は、自分が傷つきたくないからです

こんにちは!タマキ(@tamaki_zz)です。
今日のテーマは、誰も傷つけたくないと思うことです。

※音声で聴きたい方はこちら


自分にあったインプット法を選択するだけで効果は10倍も違うと言われています。
活字が苦手な方は音声で聞いてみてください^ ^

以前、私は誰も傷つけたくないと思っていたことありました。皆が幸せだったら、ハッピーになれる方法はあるんじゃないかと思っていたんですね。結論は、誰も傷つけないことなど不可能です。

本当に、これ無理なんですよ。

なぜかと言うと正反対の意見の人が必ずいるからですね。例えば、自分が右と言えば左という人もいるし、これは正しいって言った瞬間、いやいやそれは正しくないよ、間違ってるよっていう人もいるし、これは正義であると自分が定義したものでも、いやいやそれは悪であると言われることもあります。

言われないことがまずないです。100%同意・賛成はほとんどないです。満場一致の場合は疑えといわれるぐらいのことなので、必ず相反する人たちがいます。逆の人たちがいるって言うことは傷つく可能性も絶対にありますね。

ちなみに誰も傷つけたくないと思う人がそう思う理由は、自分が傷つきたくないからですね。自分が評価されたくない、それで善悪つけられたくないから相手にもつけないという場合がほとんどですよ。

これを認識すると自分がどういう風な考え方をしているのかと分かっていくと思います。基本的に良い、悪いや善悪をつけることは二元論という考え方ですね。

二元論は、2つにわかれる、善悪をつけるということです。私の考えは、良いも悪いもないなんですよ。例えば、誰かが傷つくそれに対して良いも悪いもないですよね。

事柄をそのまま受け止めるという人たちがたくさんいると、おそらく誰も傷つけない傷つかない世界ができます。全員が感情を置いといて事柄として受け止めてそれに対して考えることができるので、傷つかない世界は出来ます。

基本的にそんなことは無理なので、良いか悪いかで判断するようなシステムになっています。これは良い、これは駄目と全部ルール化されてますよね。

その世界で生きているんですね。なかなかこれは難しいんですよ。考え方としては、この起こった事柄に対して評価、良いとか悪いで善悪をつけるのではなくて、それがあるんだとを考える事です。

傷つけないことと相手のためになることは違いますね。誰も傷つけたくないって、相手のためだと思うかもしれないですけど、これは相手のためになってるとは限らないですね。

傷ついても相手のためになる場合もあるし、それを考えるのは自分ではないってことなんですよ。自分の問題じゃないですよね。相手がそれを考えることであって、しかもその答えは今は分からない場合が多く、答えがわかるのは数年後かもしれません。

私はたくさん傷ついてきました。嫌なこともいっぱいあって、でも全てにおいて感謝しています。それは当時はわからなかったし今だからこそ分かったことです。

これは誰にでも言えることです。誰も傷つけたくないって言う事柄、自体が自分のエゴであるということなんですよね。傷つくか傷つかないかは、そもそもわからないが答えですよね。目的のために言わなければならない事は必ずありますよ。

言わなきゃいけないことを言えるかどうか、そしてその判断は相手がするものであるという問題を課題の分離ができているかどうかですよね。ちょっと厳しい言い方をすると、善悪で決める人、そして課題の分離ができてない人は自分のエゴで誰も傷つけたくない思う場合がほとんどですね。

最初にもお伝えしましたが、自分が傷つきたくない場合が多いからですよね。私の考えは、何かをする事ことは、全て目的があります。人間で目的なく動くことなんて基本的にないですよ。

その目的を達成するために誰も傷つけたくないとまず思わないと思うんですよね。そうじゃなくて達成するためにどうするのかということを考えると良いや悪いと感情に振り回されているとゴールには程遠くなってしまいます。

そうじゃないし、平等性もない。それであるのであれば、きちんとその目的のために傷つかないようにゴールまでたどり着くということは大事なんですけど、ただ優先順位を間違えちゃいけないっていうことなんですよね。

あと自分の心持ちだと思います。本当に相手のためのことを傷つけたくないと思っているのか、自分のことを傷つけたくないと思っているのかを分析し、目的のために何ができるかそして良いも悪いもないよっていうことから考えていったらいいと思います。

そうすると言えないこととか言いたいこととか全部整理ができるはずなんですよ。目的があるからそれに対して良いも悪いもないので、言わなきゃいけないこと言わなきゃいけないじゃないですか。

それが相手にとって良いかどうかなんか、どちらかというとどうでもいいんですよね。

感情であり相手が捉えることであり、正しく自分の行きたい方向に行くためにはやらざるをえない状況なんていくらでもあるので、それを逃げずに取れるかどうかかなと思います。

今日は、誰も傷つけたくないと思うこと、ということをテーマにしてお話ししてみました。

なかなかの深い話なので、この時間内では話し尽くさない部分もありました。また別の機会に話して行きたいなと思います。

じゃあね〜ばいばい、終わり〜!

▼世界一自分らしくいられるコミュニティ!大人の学べる学校♡
タマキの絶対肯定オンラインサロンはコチラ↓
http://liberalian.com/salon/

▼公式LINE\登録直後にプレゼント🎁/
https://line.me/R/ti/p/@pmq2241k

-マインドアップ
-,

Copyright© tamalog , 2021 All Rights Reserved.