ブログ・SNS ライフスタイル 恋愛・結婚

夫婦が仲良しでいられる秘訣【思っていることを全部伝えることです】

2020/02/29

夫婦

こんにちは! タマキ(@tamaki_zz)です。

夫婦関係ってどえらい複雑ですよね。
外での人間関係だったら、自分がいいと思う人と付き合えばいいんですが、逆に嫌だったら切ることも可能です。

でも夫婦って「いい日も悪い日も夫婦」です。
ちょっとの嫌なことで「離婚」なんてのも簡単ではありません。

今回は私がやっている【夫婦が仲良しでいられる秘訣】をお伝えします。これ本当に効果あるんですよ!!

でもハードル高いです。
自分の思い込みを捨てなきゃ無理なので
【本気で夫婦仲良しでいたい】と思う人はトライしてみてください。

 

一言で終わります

日頃から思っていることを全部伝えることです。

以上です。

これではあんまりなので、具体的に掘り下げます。

そもも思っていることを全部伝えられないからこそ
苦しいんですよね。

言えないのはなぜか。自分勝手な思い込みです。

夫婦ってお互いの嫌なところが必ずあります。
人間だもの。当然です。

で、それをお互いに伝え合わないんです。

思っていることを言えない理由

  1. 言って揉めるのがいや
  2. どうせ聞いてもらえない
  3. 言うのが面倒(諦め)
  4. 自分が我慢すればいいか(間違った自己犠牲)

思っていることを言うと「揉める」「聞いてもらえない」と思っているのは自分だけです。
実際になるかどうか【言ってみないとわからない】が答えですよね。

過去の事例から「こうなることは間違いない」と思っているのも自分なんです。
相手がどう答えるかは相手が考えることであって、自分には関係ないことなんです。

自分に関係があるのは、相手がなんと言ってきたか、それだけです。
まず相手のことまで、自分で考えてしまう癖をやめます。

課題の分離ってやつですね。

お互いの共通ゴールが定まっていないからケンカになる

ケンカになるのは結婚しているにも関わらず各々の人生を歩いているパターンが多いです。

人生を共に歩むために結婚したはずですので
まずは、お互いの共通目的を設定します。

理由は下記にの記事に詳しく書いてます。
<<恋愛と結婚の違いは何?【お互いを見るか、お互いの共通目的を見るか】

共通ゴールを決めると、目的のためへの行動となります。
目的のために最善になることを伝えるときに
お互いマウントの取合いや指摘し合い、みたいなことにはなりません。

ゴールに向けて解決策を出すこと。
その理由を話せば、必ず相手には伝わります。

例えば私の体験

私たち夫婦は仲良しで友達からも「お互い理解しあってて羨ましい」と
言われるのですが、最初は喧嘩ばかりでした。

その度に「離婚」を考えるほどで、ぶっちゃけ落ち着いたのって
ここ1年くらいのような気がしてます、ホントに。

わたしは不満を吐かずに、いつも我慢していたんです。
例えば、洗い物一つにしても「何でわたしがしなくちゃならないの?」って思ってました。

そういった不満(だけではないですが)は2年ほど前に日記に書いていたのですが
夫がそれを読んだんですよね。

夫「なんで言わないの?」

わたし「え?言っていいもんなの?自分の捉え方だと思って自分で処理してた」

夫「それもいいけど、そういう嫌なことも話し合っていくのも夫婦じゃないの?」

そりゃそうだーーーー!!
勝手に「言っても仕方ない」と思って長年押し殺してたんですよね。

押し殺すと、どんどん内側に負が溜まって
抑えきれずに態度に出て、家庭の雰囲気が悪くなったりするんですよ。
そうなると会話も弾まず、すぐにケンカに発展したり。

夫の考えがわかってからは不満を感じた時は
口に出していうようにしました。

家庭に関することは良いことも悪いこともね。
そうすると、前よりも会話が増えたしケンカは激減!
今では最後にいつケンカしたか覚えてないくらいです。

というわけで夫婦が仲良しでいられる秘訣は共有ゴールを設定して思っていることを全部伝えることです。
今日からやれるので、ぜひ試してみてくださいね。

-ブログ・SNS, ライフスタイル, 恋愛・結婚
-

Copyright© tamalog , 2021 All Rights Reserved.