コミュニティ

ブログだけで稼ぎ続けるのは厳しいです【コミュニティ作りで収入倍増】

2020/04/19

community-merit

こんにちは!タマキです。
ブログ×コミュニティを作ることでフリーランスで海外生活がもうすぐ2年となります。

ブログの収益がなかな出ない。
売れた月はあっても次の月から収入が激減。
コンテンツを書いても売れない。
どうやったら収入を安定させることが出来るの?

今回はこんな疑問にお答えします!

ブログで稼ぎ続けるのは、かなり厳しいです。

結論:自分のコミュニティを作ると収入をコントロールできます。

▼ここでのポイントはこちらです。

  • ブログはトレンドにより収入が上がったり下がったりする(乱高下が激しい)
  • ブログは「運次第」なところがある
  • ブログ単体だと、ユーザーを囲い込みにくい(ユーザーは徘徊する)
  • コミュニティを作ることによって、より濃いユーザー(自分のファン)が集まる
  • ブログは完全受け身・コミュニティはこちらから商品をオススメできる

私の経験も含めて検証し実績が出たことのみを具体的に、1つずつ解説して行きますよ〜。

トレンドにより収入が上がったり下がったりする(乱高下が激しい)

ブログはアクセス数で収入が変わります。
逆に言うとアクセス数が膨大になればなるほど収入は右肩上がりになりますが
よっぽどSEOに強くないと、なかなか上位検索には引っかかりません。

そこで、扱う記事をトレンドのキーワードにするとアクセスが上がる可能性はより高くなります。
例えば、タピオカが流行っているからタピオカの記事を書くとします。

その記事のおかげでブームの一瞬はアクセスが延びたとしても、しばらく経つとアクセスが減ってしまいます。
ブログ収益はアクセスに比例するので、毎月の増減する不安定な収益となりがちです。

コミュニティを作ると自分のファンのみがメンバーとして登録してくれるので
人数から成約率を割り出せるため収入が安定します。

より詳しく知りたい方は合わせてこちらもどうぞ!
関連記事>>自分のコミュニティを作るのはメリットでしかない理由

ブログで稼ぐには「運次第」なところがある

ちょっと先のトレンドを掴めると、かなり稼げます。
ここで言うトレンドとは芸能ネタなどのトレンドブログのことではなく
1〜2年後くらいに爆発的に流行ると予測するトレンドです。

例えば、数年前に流行った「仮想通貨」は流行り始める前に
ブログを書いていた人たちは大きな収入となりました。

他にも「AI(人工知能)」や「IOT」「ディール組織」などが上げられます。

今、稼いでいるトレンドは「プログラミング」ですね〜。
有名なブロガー、マナブさんが一気に飛躍したのはSEOだけでなく「プログラミング」の
トレンドに乗ったからだと検証できます。

プログラミングのことをメインに書いている記事が少ない中
トレンドに乗ることで大きな収入に変わっていますね。

運を掴めると収入のボリュームがドドンっと増えますのでステージも上昇しやすいのです。
ただ、厳しい事実をお伝えすると1〜2年後くらいに爆発的に流行るトレンドを掴めるかどうかはぶっちゃけ「運次第」です。

ブログを始める人の7割は1年以内に挫折するので
運を掴める人は全体の1%もいかないくらいだと思ってください。

ちなみに私はトレンドに乗った一人です。
月収30万円から、いきなり100万円をキープできるようになりました。
さらにコミュニティを作ったことで月収1000万円の収入を出すことに成功しています。

ただ、この運に掴むまで3年ほど地道な努力をしています。
(基本、トレンドに乗った人は、それまでに数年の努力をしいる人たちばかり!)

爆上げ狙いだと確率が低すぎるのでトレンドを狙うよりも
まずは地道な積み重ねをしていく方が良いです。

それまでにコミュニティを温めておくと、自らトレンドを生み出すことも可能となります。

ブログ単体だと、ユーザーを囲い込みにくい(ユーザーは徘徊する)

収益ブログはアクセス数が命!なわけですが
ユーザーは日々いろいろな記事を見るためにweb上をウロウロしています。

辞書型のブログであればブックマークされる可能性は高いですが
雑記ブログなどはリピーターになってもらえる率がとても低いです。

まさに一期一会、ワンチャンしかないくらいの勢いです。
せっかく良い記事を書いていたとしても、毎回同じターゲットユーザーへ届きません。
もったいないの極み・・・

自分コミュニティがあれば、ブログ更新やYouTubeなどのお知らせもできますね!
アクセス数のアップも見込めちゃいます。

関連記事>>ブログのリピーターを増やす方法【辞書型ブログにすると中毒性が高いです】

コミュニティを作ることによって、より濃いユーザー(自分のファン)が集まる

あなたがブログを読んで「この記事いいな!」と思うのはどんな時ですか?

  • 欲しい情報が手に入ったとき
  • エピソードに共感したとき

大きく分けてこの2つかと思います。

面白いものでブログは「人柄」が出ます。
「合わない」と思う人は離脱しますし、「もっと知りたい」と思う人は
ファンになってくれます。

つまりブログは「発信」に共感する人が集まるので自分に合うユーザーに恵まれやすい特徴があります。

さらにコミュニティに登録するユーザーはより濃ゆいあなたのファンであるか
あなたから情報を得たい、と思う人が参加してくれるのです。

余談ですが、ファンがいてくれると仕事も頑張れます。
発信を待っている人がいると思うと疲れていても頑張って記事も書けたりして、いいこと尽くし♡

ブログは完全に受け身・コミュニティはこちらから商品をオススメできる

重複しますが、ブログは訪問してもらわないと、見てもらうことが出来ません。
なので、ブログを宣伝する拡散用のTwitterやInstagram、Facebookでブログへの
入り口を増やす活動をするのが一般的です。

SNSでの拡散はもちろんやるに越したことはないです。
私は以前はFacebookを使っていましたが、現在はTwitterに力を入れています。
それでもやはり受け身なんです。

ホリエモンさんやイケハヤさんのように何百万、何十万とフォロワーがいる人たちでも
オンラインサロンを持っているので、大きく収益を伸ばしたいのであれば
コミュニティーを持っておくことだと思います。

コミュニティーを持つと、自身のオススメコンテンツの紹介もスムーズに出来ます。

また、書籍を販売したりオリジナル商品を作ったら
同じくコミュニティー内で営業できちゃうわけです。

私の経験上、物はオススメしないと売れません(←当たり前)
オススメできるフィールドを作っておけばゴリ押しの営業などしなくても
求めているところに必要な商品を落としていく、という流れになります。

まとめ:自分のコミュニティを作ると収入は倍増します

以上【ブログだけで稼ぎ続けるは難しい】についてでしたー!

▼コミュニティの収入アップの大事なポイントです

  • 「発信」に共感する人が集まるので自分に合うユーザーに恵まれやすい
  • あなたの商品・またはあなたに興味がある人が集まる
  • コミュニティの人数から成約率を割り出せるため収入が安定
  • 求めているところに必要な商品を落としていくので自ずと売上は上がる

私の場合、コーチング時代はブログだけでセミナー集客してました。
でも全然うまくいかなくて。1対1のセミナーとかしたことありますw
メンタル崩壊しそうでした(いや崩壊してたかも)が、今ではよき思い出です〜!

ブログ単体だと、アクセス数が減ったか増えたかしかわからないので
どうしても大雑把な検証になってしまいます。

コミュニティを作ると、物が売れない、と悩むことも少なくなりますし
目に見えてアクティブユーザー数がわかるので次の一手を検証しやすいです。

よし!ブログを書いてコミュニティを作っていこう〜!と思った方はこちらも合わせてどうぞ!

関連記事>>初心者のための「ブログ×コミュニティを作る方法」この仕組みで海外移住した私が徹底解説!

ブログの作り方から記事の書き方まで、ビシッと書いていますので読んでおいて損はないです。

-コミュニティ
-,

Copyright© tamalog , 2021 All Rights Reserved.